賃貸入居までの必要書類について

入居までに必要な手続きで、一般的に必要な書類を記載します。(物件により必要書類は異なります。)

[1] 入居申込・審査時に必要な書類

住みたいお部屋が決まりますと、入居の申し込みを行います。

契約者様の必要書類

  • 身分証明書のコピー(両面)Ex.)免許証・保険証・パスポート等
  • 転職や新卒入社の場合は内定通知書

* 申込時には申込書に契約者ご本人様とあわせて、連帯保証人様の情報を記載することが一般的です。予め連帯保証人予定者の方の情報(下記※)をご確認ください。

基本確認事項

  • 生年月日
  • 連絡先
  • 勤務先情報(勤務先名、電話番号、所在地、設立年数、従業員人数、資本金、役職、所属部署等)
  • 年収

[2] 事務所で契約を行う際に必要な書類

申込後の審査が通りますと、最終的な「賃貸貸借契約」の手続きを行います。

契約者様の必要書類

  • 住民票
  • 認め印
  • 銀行印
  • 銀行口座情報がわかるもの(通帳等)

※連帯保証人様の必要書類

  • 印鑑証明書

* 上記にプラスして、収入証明書(給与明細書3ヶ月分、源泉徴収票、確定申告等)が必要な場合もございます。

* 住民票や印鑑証明書は平日に役所に行く必要がある為、早めに準備頂くのがオススメです。

 

審査内容によっては、上記以外にも書類が必要な場合がございます。Ex.) 連帯保証人様の所得証明書(源泉徴収票、課税証明書、確定申告 etc…) / 連帯保証人様の身分証明書コピー / 顔写真